ウッドショックvol2|住宅業界激震|マンション業界への影響はあるのでしょうか?

5.0
マンション

マンション検討者層のあいだでも、連日のウッドショックのニュースを見たり聞いたりして、「ただでさえマンション価格高騰してるのに、さらに上がるの?」なんて思われる方が多いかと思います。私も、「えー、これからどうなるのよ!」と思い、まずは米国木材先物価格を確認してみました。

下記は2009年~2021年の1か月ごと(月足)のチャートでです。木材の需要は新型コロナに伴う住宅需要の影響が大きく表れているのがわかります。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: img_9294.png
米国木材先物取引

ここで、直近1か月の様子を見てみたいと思います。

米国木材先物取引 ~2021/5/14

ものすごい傾斜の右肩上がりだった価格上昇ですが、なんと、1,686USドル(2021/5/7)→1,389USドル(2021/5/14)と下落しているんです。これが、マンションに影響が出てくるのでしょうか。

ウッドショックって何?(復習)

1か月前は全然メディア報道されていませんでしたが今は週に何回か(いやほぼ毎日)報道されてますよね。国内材木の在庫が急激に減少しているだけでなく、海外から全然木材の輸入されない、という状態が続いているのは、みなさん周知の通りかと思います。。。

「ウッドショック」、簡単に言うと、「住宅用(だけでなく木造建築)の構造木材の供給不安」のことです。木造住宅でいう柱や梁といった構造材が、急激に価格高騰したため入手困難な状況です。これがどんな意味をするのでしょうか。

ウッドショックがもたらす影響(復習)

で、何が大変かというと、ざっくりこんな感じです。(主に木造建築への影響が大きいです)

  • 柱や梁といった構造材が枯渇するので、木造住宅を建てられない
  • 住宅工事が延期する可能性がある
  • 土地購入代金を住宅ローンで借り入れた場合、家賃と住宅ローンの返済が重なる期間が長くなる
  • すでに輸入材、国産材に関わらず、価格上昇が起きてしまっている
  • 木造住宅の価格が上昇…?

中堅ハウスメーカーは、木材供給値上げとして資金計画書に追加で100万円をこえる金額が上乗せされている事例もあるそうです。

大手ハウスメーカーは、木材を大量両仕入・保管しているので、しばらくは値上がりしないだろう、と言われていました。(言われていました、というのがポイントです。)が、どうやら雲行きが怪しいようです。5/14日の時点では聞いたことがないです。噂では上昇傾向という声が出てきているので、そろそろ値上げするのではないかと思っています。さすがに在庫が残り続けているとは考えにくいので。

ちなみに、地域ごとに価格の上昇率が異なっているそうです。そのため、必ずしもハウスメーカーごとに上昇率が変わるというわけではなさそうなので、木造住宅を検討されている方はご自身の担当の営業さんに必ず「いつごろ値上がりするのか」確認したほうが良いです!

後悔しないハウスメーカー選びに時間をかけることで契約時期を後ろ倒しにしていくと、どんどんウッドショックの影響を受けてしまいます。額面にすると100万円以上といわれています。これはでかい。

マンション検討者ではハウスメーカーは意識しないと思うのですが、住宅業界関連で、今何が起きているのかは、状況を理解するために(なんでこんなに高いの?こんなに時間がかかるの?を少しでも把握するために)重要な要素の1つになるので、ご参考程度に。

マンション価格への影響

米国木材先物取引の価格に変化(下落)したが、いまだに日本国内への輸入状況は好転していないそうです。輸入木材が足りない状況は続くようですが、そもそもマンションの建築にどのくらいの割合で木材がかかわっているのか調べてみました。建物物価調査会が発行しているウエイト表です。

出典:建物物価調査会 ウエイト表
集合住宅(SRC/RC/S)
出典:建物物価調査会 ウエイト表
木造住宅

画面左側が集合住宅、画面右側が木造住宅です。集合住宅と木造住宅の、建築純工事費の「木工」「木製建具」に注目してみたいと思います。そうすると…

  • 集合住宅:木工(3.73%~5.92%)、木製建具(1.46%~2.11%)
  • 木造住宅:木工(37.72%)、木製建具(4.46%)

明らかに木材の比率が違います。集合住宅は工事費の5~8%ほど木材に、一方木材住宅の工事費の40%超が木材にかかっています。どちらが大きな影響を受けるかは一目瞭然です。

未来のことはわかりませんが、少なくとも木材の価格高騰がマンション価格へ大きな打撃とはならなさそうです。ただ、割合として少ないというだけであって、やはり建具などで木工材料は必要となるので、材料の取り合いがどの程度マンションへ影響するのか(工期の遅れに影響出るのか)、WATCHしていきたいと思います!

よかったら、以前書いたこちらの記事もご参照ください!

ウッドショックvol1|住宅業界激震|マンション業界への影響は?
日刊木材新聞社2021年4月16日付「第3次ウッドショックの波紋9 国産材・国内 押寄せる代替需要、供給余力なし」こんなショッキングな記事を発見しました。ところで、ウッドショックって何でしょうか。マンショ...

最後までお読みいただきありがとうございました^^💛

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました