ウッドショックvol1|住宅業界激震|マンション業界への影響は?

5.0
マンション

日刊木材新聞社

2021年4月16日付

「第3次ウッドショックの波紋9 国産材・国内 押寄せる代替需要、供給余力なし」

こんなショッキングな記事を発見しました。ところで、ウッドショックって何でしょうか。マンションへの影響はあるのでしょうか。

ウッドショックって何?

メディアであまり報道されていませんが、実は国内材木の在庫が急激に減少しているんです。「ウッドショック」、簡単に言うと、「住宅用の構造木材の供給不安」のことです。っていってもよくわからないですね。要するに、木材がなくて家建てられないよー(>_<)っていうイメージです。木造住宅でいう柱や梁といった構造材が、急激に価格高騰したため入手困難な状況なんです。

これ、本当に大変なことなんです。

ウッドショックがもたらす影響

何が大変かというと、ざっくりこんな感じです。

  • 柱や梁といった構造材が枯渇するので、木造住宅を建てられない
  • 住宅工事が延期する可能性がある
  • 土地購入代金を住宅ローンで借り入れた場合、家賃と住宅ローンの返済が重なる期間が長くなる
  • すでに輸入材、国産材に関わらず、価格上昇が起きてしまっている
  • 木造住宅の価格が上昇…?

家は建てられない、ローンと家賃のダブルペイ期間が長引く、物件価格上昇…。本当に大変です!住宅業界の人たちだけでなく、戸建て購入検討者の方々が騒ぐのも理解できます。

ウッドショックの背景と理由は大きく分けて2つ

新聞や記事、ブログ、YouTube、いろいろな媒体を使って調べてみました。

【背景・理由1】:木材価格高騰

  • 低金利&高水準の株価→で米国で郊外移住により材木の需要が大幅に高まった
  • 欧州の製材会社が米国向けの販売量を増やし、アメリカや中国に買われ、日本には入ってこない※2019年に公表された林野庁の木材自給率は36.6%くこのデータからも海外に頼っています
  • 米国木材先物取引が異常な爆上げ(図1)2020年以降から3倍近く上昇
  • 米国ケースシラー住宅価格指数も右肩上がり(図2)だが、住宅着工件数は横ばい(価格だけが上昇か?)
  • 国内木材を使用するが、国産材が一気に需要が高まり、在庫が枯渇(林業の担い手・後継者不足が要因で、森林伐採をしたくてもできない)
  • 日本の戸建て住宅価格上昇必至

図1 米国木材先物取引
図2 米国ケースシラー住宅価格指数

ファイサーブ社が算出しS&P社が発表する指標で、全米主要10都市の一戸建て住宅価格の再販価格の変化を調査したものです。米国内での住宅価格動向を見る上で一般的な指数と言われています。

米国の木材需要高について触れているので、本当にそうなのかきになったので、実際に米国木材先物取引のチャートを見てみました。異常な爆上げです。新型コロナウイルスの影響をうけて、住宅建設のため木材の需要が高まり続けていることがわかります。米国ケースシラー住宅価格指数が上がり続けているのに住宅着工件数は横ばいということは、結局、家を建ていんだけど木材が足りなくて、まだまだほしい、足りない!ってことですよね。今までこんな状況、私見たことないです。これじゃー、日本に木材が輸入されないですよね。マンションにしか興味がない私ですが、さすがにこれは注視せざるを得ません。

【背景・理由2】:貨物コンテナ不足と貨物船の減便

  • コンテナが不足のため、荷物を運びたい人の間で、コンテナの奪い合いが起きている
  • 港の労働者が少なくなり、船会社も運行する船を減便
  • 木材がないため柱や梁といった構造材が枯渇しているので、木造住宅を建てられない

なるほど、と思いました。確かに日本の木材って安くないですし、輸入に頼っている割合が大きいので、そうなると船で輸送することになりますよね。そもそも資材を運ぶコンテナもないのに原油価格の高騰もありますし、木材が安くなる要素はないですもんね。ここは盲点でした。

ちなみに、私が愛してやまないマスターウォールの多くの商品が先日価格改定されました。●万円という単位の価格上昇です。2021年7月からです。マスターウォールの価値が上がることは私にとってはハッピーなニュースです。が、これはどうやら違う感じがしますね。要ウォッチです!

お探しのページは見つかりませんでした。 | マスターウォール

マンションへの影響は?(私なりの考察・期待)

この影響が続くと、どうなるのでしょうか。きっと、今後住宅価格が上がるんだったら、「だったらマンションも検討してみようかしら」と思う方が増えるのではないかと思っています。マンション女子としては、マンション購入検討者が増えるのは大歓迎です💛

集合住宅になるのですが、例えばマンションの1階部分はテラスがついていたり、ルーフバルコニーがある物件もあるので、邸宅感を味わうことができます。あとは何といっても共用部を楽しむことができるのが醍醐味ですよね。24時間ストレスフリーでゴミ出しができたり、ラウンジでくつろいだり仕事をしたり、集合住宅だからこそできる強みを生かして快適な生活を送ることもできます。

そうなると、マンション需要が高まって、それが価格に反映されるのか、それとも供給が多くなって価格が適正価格になるのか。うーん、分からないことだらけす、、、。とにかく!マンションに興味を持つ方が増えて、マンションに対する知識が増えて、より住みやすいマンションが増えるといいな、と思っています。

まじめな話、私はマンションが大好きなんです!!だけど、マンション乱立だけだと面白くないんですよね。住む環境って、戸建てだったり、公園だったり、お店だったり、自分が住む周りの景色も含めて価値が出てきて、それを総合して「このマンション、素敵だな」と思えることが最重要になると考えています。なので、ウッドショックの件は、今後もウォッチしていくべきニュースですね。マンション女子の視点から、何かユニークなことをお伝えできればいいなと考えています。

【update】第2弾の記事を書きました!こちらもご参照ください♪

ウッドショックvol2|住宅業界激震|マンション業界への影響はあるのでしょうか?
マンション検討者層のあいだでも、連日のウッドショックのニュースを見たり聞いたりして、「ただでさえマンション価格高騰してるのに、さらに上がるの?」なんて思われる方が多いかと思います。私も、「えー、これからどうなるのよ!」と思い、まずは米国木...

最後までお読みいただきありがとうございました^^。皆さんの人生に幸あれ💛

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

タイトルとURLをコピーしました